ブログ

松田歯科クリニックの公式ブログです。

ブログに関係しない広告が表示され、誘導するようなブログが散見されています。そのようなブログはカウント重視のせいか、何を発しているのか疑問に思うことさえあります。原点に戻り、当サイトの情報発信を大切にすることを目標としました。また、ステルスマーケティング、フィッシング、ゲーム等の形式サイトには十分に詐欺にはお気を付けください。
当院では、一切行っておりません。

ブログ一覧

認定MG研修施設となりました。



このたび、日本スポーツ歯科医学会認定MG研修施設となりました。
また、北海道では第一号です。
北海道には、多くの素晴らしいスポーツデンティストがいる中で、
当院が初となってとてもうれしいです。
しかしながら、喜んでもいられません。
2018年には、多くのハラスメントが行われました。
また、自分の目の前でのスポーツ指導者の心もとない行為も見た年でした。
それを顧みて、令和元年は、スポーツ指導者として襟を正して進みたいと思っています。
さらに、施設としては、所属歯科医師を募集しています。
興味のある方は、問い合わせください。

講演依頼、研修セミナー、などのお問い合わせは、

こちらまで ⇒ sport【アットマーク】mama-dent.com

【注意】 迷惑メール防止のため、【アットマーク】⇒@ に置き換えてください。

R1.6.19

2019年06月19日

未曽有の10連休

4月から5月にかけて、平成から令和に元号が変わるとともに、未曽有の10連休となりました。
前半は、1年前から予定していた『日本歯科顕微鏡歯科学会』に参加してきました。
行くときは4月の末だというのに、
旭川空港では雪が降ってました。
顕微鏡とは、マイクロスコープとも言われています。日本では、おおよそ7,000台が販売されたとのことです。
現在、日本には歯科医師が10万人いて、
歯科医院の数が約7万軒とのことから考えると、1割の歯科医院しか、普及していないことになります。
ただ、一軒の歯科医院では、歯科医師が1台、歯科衛生士のために数台所有している歯科医院もあることを考えると、軒数はより少なくなるそうです。
首都圏では、自費診療を行っている歯科医院が積極的に保有しているようです。
先日、
『保険診療程度で、CTもマイクロも必要ない』と言っていたのを聞きました。
残念ながら、保険診療のルールで、きちんとした施術を行う場合にきちんと請求できる厚生労働省が定めたルールがあることを知らないようです。
限られた条件のもとの症例にのみ当てはまるようです。
すべての症例が当てはまるわけではありませんが。
その歯科医は、保険診療の根本的なルールを知っておくこと、が知らないのでしょう。
高をくくって、何でも知っていると勘違いして、自分を主体に話をしたかもしれませんね。
保険診療と自費診療を同じ土俵でごちゃごちゃにして話すとややこしくなります。
また、とある歯医者は、こんなに多くの歯科医院から紹介してもらっている、と言ってましたが、マイクロのすばらしさを知らしめているはずですが、
マイクロを購入する方向に説得しないのはなぜでしょう???
患者さんからすると、マイクロもCTも普及してもよさそうだと思っているようですが・・・
一部の不思議な方もいる中で、今回の学会では、
素晴らしい先生方の講演を聞くことができ、
若い先生方の意見が取り込めた良い機会であり、
とても良い刺激になり勉強になりました。

さて、学会参加していた間に、皇居1周ランニングしました。おおよそ5キロほど。歯科医は体力が必要です。口とコネだけでは務まりません。
大学時代に、医学部の外科の先生たちは、ホント走っていたのを思い出しました。
30数年ぶりに見た皇居はとてもきれいでした。

2019年05月20日

令和 

4月1日はエイプリルフール。元号が『令和』となりました。

縁起良く、当院もいろいろな意味で変化しています。
また、スタッフも増員してにぎやかになりました。
🔰は、いろいろなことを修行中ですので、温かい目で見守ってください♪

『石の上にも三年』

1年目は、何もわからず、先輩の言うとおりにがむしゃらに頑張る。
四季によって、いろいろなことを体験し経験する。
2年目は、同じ四季でも、いろいろと知ったこと、自らすすんで行い、
1年目の後輩に、先輩から教わったことを一生懸命教えようとする。
3年目は、その後輩が1年たって本当に独り立ちできるかを、見届ける。
先輩に教わったことが、自分の身になり、後輩へ引きつぎ、そして独り立ちする。
それを確認するだけでも3年は最低かかる。

Give and Take 

今年度も、院長松田は、セミナーや学会への積極的な参加、日々是研鑽する気構えです。当然と言えば当然のことですが、医療の歯科は日進月歩です。休診にする日がありますので、ご了承お願いします。

2019年04月03日

コーヒーブレイク アイスブレイク

昨年は平地で初雪を観測できた時期でしたが、
今年は、とても暖かく感じ、まだ雪を見ていません。
暖かいと言っても、外気温一桁ですが。

年内は、12月28日(金)が最終日となりますので、
逆算すると、そろそろ、お口の中が困っている方が
受診されることをおススメします。

最近、偶然、いろいろなところで同じテーマを
聞きつけます。
『独自の理論を展開する人に気を付けること!』
です。
エビデンスがあるかどうかが重要なのですが、
独自の人は、注目を集めたいのか、わかりませんが、
現実も否定し独自路線を通しかねない勢い(笑)
まあまあ、落ち着いて下さい(笑)
まずは、体験。そして、経験を!
次には、その分野でみんなが認める第一人者の話を
よく聞いて、経験を『積む』こと。
独自の理論が正しいこともあるのですから、誰も
否定はしませんよ(笑)
まずは、みんな優しいですから話は聞いてくれますよね♪
でも、その発言で、他の人の人生狂わすのはいかがなものでしょうか。。。
コーヒーブレイク。アイスブレイク。
安全管理。危機管理。
リーダー。指導者。
・・・
『そうだね』と謙虚に言えるようにしたいものですね♪

『スタッフ募集』は、終了いたしました。
お問合せ、および応募ありがとうございました。

ただし、
『小児歯科医』『歯科口腔外科医』は募集中です。

2018年11月04日

北海道胆振東部地震

9月6日(木)

未明に起きた北海道地震により、当院は診療が不可能となりました。その中でも、連絡が取れないために直接来院して下さった患者さんがいます。
ありがたいことです。
9/7(金)は、診療不可能であれば、できるだけ直接何らかの連絡を取るように対応させて頂きます。ですが限界もありますのでご了承下さい。
IoTを駆使できない患者さんが多いので、従業員共々対応させて頂きます。
ですが、これが伝わらない可能性が高いのですが。
このような中でも、復旧作業をされる方の安全と早期の復旧をお祈りいたします。
また、このような中でも、患者さんに対応するために出勤した当院従業員に感謝します。
院長 松田昌紀

9月7日(金)朝

おはようございます。
当院の地域の電気が復旧いたしました。
通常通り診療いたします。
ですが、地震は48時間以内に再度起こる可能性が高いとのことです。油断なりません。
みなさん備えを再度確認していきましょう。

2018年09月07日

五十にして天命を知る

6月に日本スポーツ歯科医学会に参加してきました。
学会の参加は、自分の研究を自分の力で発表したり、
他の人の研究や講演を聞いて、新たな発見を自分の中に見出すところと思って参加しています。
流石に、人がした研究をさも自分がしたように発表したりはしません(笑)
アンケートの発表はほんと大変です。母集団100人の発表したときは自分で集めるだけで半年かかりましたし、集計するのも一苦労です。
仕事を分担する共同研究者がいれば、いいのかもしれませんね。

日本スポーツ協会が認定している
スポーツドクター・スポーツデンティストと言うものがあります。
院長松田は4期生で、今年認定されましたが、現在5期生が頑張っているようです。

募集要項を見てみると、、、いろいろと推測してみました。多くの先生にどうして資格が得られたのか、聞かれることが多いので。

受講資格は、当然ですが歯科医師です(笑)
主催が、日本歯科医師会と日本スポーツ協会の
2つの団体のみです。

ということは、歯科医師会に所属しているか、
日本スポーツ協会に所属しているか、が条件なのです。

歯科医師会に所属して学校健診などの協力や、8020運動そして歯の健康キャンペーンなどの行政との繋がりを大切にしている先生方が対象となるようです。つまり、学校、高齢者、地域のスポーツなどの関わり方を考えると、歯科医師会に所属し活動している人が推薦されるのは当然のことと思われます。

日本スポーツ協会に所属とは、スポーツ団体に所属していることを意味するので、スポーツ競技者またはスポーツ指導してる方になると思います。
募集要項には『高い実践能力』と明記されているので、実際にはスポーツ体験でなく、経験された歯科医師を募集していることがわかります。
競技経験がなければ指導は無理ですよね?
体験で指導なんてアスリートに失礼ですよね?

巷には、怪しげな輩がいるようです。
偶然、歯科医院に保険診療の虫歯治療で来院してきた患者が、
アスリートだったら、サポートしますと言って、至れり尽くせり!?
ですが、保険医としての立場、具体的には学校歯科医ではどうなのでしょうか?初めから保険外受託で保険外で完全サポートしていくことは、何ら問題なしですが。
保険のルールには、スポーツ歯科に関する直接的な保険適応のものがありません。逸脱解釈行為行動口動は、他の善良な歯科同業者の首を絞めていくこととなり迷惑です。

一部の輩に、サポートいう名前で、アスリートの名前を使い広告するのはあまりいいものではないですね。
ちょっとまえの芸能人を使ってのペニーオークションみたいで(笑)

アスリートに失礼のないように、裏方に徹するか、表に出るのなら歯医者自らがスポーツを行い、団体を理解していく義務があると思っています。

『ウンチクを垂れる』のではなく、『蘊蓄』(読み仮名は、ひらがなで、うんちく)を重ね、かつ、確かな知識を持ち、現場に出たいものですね。
ちなみに、ウンチク⇒バカタレ でしょうかね(笑)
五十にして天命を知る(論語より)

9月は、スポーツマスターズが札幌であります。
是非、応援しに行きましょう♪
歯科医師は、やっぱり裏方です(笑)




2018年07月23日

日本スポーツ歯科医学会に参加してきました。

6月23日(土)~24日(日)に、仙台で行われました。
727名の参加があったようです。
当院では、日ごろ、スポーツ愛好家に対して歯科的な助言を行ってまいりました。
歯科治療で来院し後日スポーツ愛好家でありサポートし始めた方もいれば、サイトで調べてサポート目的で来院する方もいます。

そのため、より見聞を広めるために参加してきました。

スポーツの現場で働く歯科医師の仲間と会い情報交換をしてきました。
当院の強みは、院長直々にスノーボードを行い、日本スノーボード協会公認の
資格を持っていることです。
またスポーツを日ごろ行っているのが強みです。

その研究成果を発表してきました。


多くの先生の目に留まり、卓上の理論に対して一石を投じたのではと思っています。
スポーツ愛好家である歯科医師よりは、スポーツに通じた歯科医師を目指して
今後とも精進してきますので、よろしくお願いします。

 

2018年06月27日

スポーツデンティスト

日本スポーツ協会 ( 旧 日本体育協会)認定されました。
北海道では、11人認定されているようです。
『 スポーツデンティスト』とは、
地域のスポーツ愛好家からオリンピック選手という究極のアスリートまでの
様々なスポーツの方に、歯科の立場から助言をしたり、サポートをすることを
目的とします。特に歯科医師の中でもスポーツデンティストは、
お墨付きを頂いたと言うことです。
ですが、多くの方は小さい時からかかりつけの歯科医を持っていらっしゃる
わけですので、かかりつけの歯科医院を大事にした方が良いと思います。

気をつけたいことは、スポーツに特化した歯科の助言は、そのスポーツを経験された
歯科医師に聞く方が無難なのは、素人目からしてもわかります。

まずは、定期的な歯科医院の受診をお勧めします。

2018年04月30日

顕微鏡歯科学会 マイクロスコープを見て

先日、顕微鏡歯科学会に参加してきました。

とても有意義な学会でした。

歯科衛生士を対象としたセミナーであるにも関わらず、
多くの歯科医師が列を作って、参加していました。
まだまだ、旭川ではマイクロスコープを使用しての治療は少ないと思います。
が、河野歯科医院の河野Jr.先生もいらっしゃいました。
マイクロスコープは道具なので、研鑚を積んでこそ生きてきますね。

 





2018年04月24日

アルバイト情報

2018年度
歯科衛生士スタッフ・歯科助手スタッフ ➡ 募集
歯科学院の学生さん・大学・短大生可能。
歯科医師 ➡ お問い合わせください。

当院は、旭川駅からバス1本で、最寄りのバス停から1分のところです。

詳細は、直接お電話にてお問合せ下さい。

2018年01月09日
» 続きを読む