治療科目

一般歯科

一般歯科

 

当院では、歯科全般を行っています。
むしばの処置。抜歯。義歯作製、口腔内清掃(歯石除去を含む)など。

むしばの処置は、M.I.(Minimum Intervention)の考えを採用し、
削るのは最小限とし、ダイレクトボンディング法を中心に
歯科医師自ら行っています。

抜歯等の小手術は、当院で行いますが、全身状態をサーチして、
高度医療施設での治療が必要な場合は積極的に紹介します。
原因不明である場合は、いたずらに投薬するのではなく、
同じく速やかに紹介するようにしています。

義歯は、卒後、帯広の朴澤歯科グループや苫小牧のかなもり歯科にて
修行をした、基礎があります。
また、近年BPSという義歯作製の手法をも取り入れております。

  • はてなブックマークに追加

小児歯科

小児歯科

 

当院院長松田は、日本小児歯科学会に所属しています。
出生率が低い現在、子供は宝だと思っています。
まずは、虫歯にならないように啓蒙活動を行っています。
市内、5園の保育園の嘱託歯科医師を行っています。
しかしながら、小児歯科の難症例が時にはあります。
市内では、小児歯科専門の先生が2件ありますので、速やかに
紹介いたします。
『小児歯科』の標ぼうの看板をほぼ
見ますが、日本小児歯科学会に所属
しているのは数件しかないのが実情
です。

  • はてなブックマークに追加

インプラント

インプラント

 

平成8年の勤務医時代に、当時の北海道大学歯学部の口腔外科戸塚教授の
院内講習会からがインプラント学
との出会いでありました(上の写真)
その後、インプラントの研修を細々
と続けていました。
20年間、義歯の悩める方々に、
従来の義歯製作で十分賄うことが
できました。
ところが、ここ数年義歯では対応
できない症例がいくつも見られる
ようになり、義歯学もさること
ながら、インプラント学も再度
勉強し直すことにしました。

インプラント治療をより身近なもの
として、治療に導入するために、
平成28年に北海道形成歯科研究会
にて日本口腔インプラント学会認定
講習会、いわゆる『インプラント認
定100時間コース』受講しました。

  • はてなブックマークに追加



予防歯科(高齢者)

予防歯科

 

平成27年に、当院院長松田の父親
が、8020運動にて北海道で、
2番目に表彰されました。
本数は81歳で32本すべてあり
優秀な結果を認められました。
開業してからの、本人の意識で定期
的に歯科受診を行った成果と
歴代の、歯科衛生士の研鑽の賜物だ
と思います。
ちなみに、最優秀賞の方は、82歳
で32本。
すべてにノンカリエス(虫歯がない
こと)だったそうです。
面白いことに、歯科医師の親が8020運動に
表彰されたのは、初だとのことです。
親父は、歯科医師ではありませんが、
歯科医療に貢献したのは事実です。
エナメル質は、琺瑯歯とも呼ばれる所以を、
まざまざと勉強させられました。

 

  • はてなブックマークに追加

スポーツ歯科

矯正歯科

 

日本スポーツ歯科医学会に所属し、
学会に積極的に参加し研究発表して
います。

 

  • はてなブックマークに追加

審美歯科

審美歯科

 

審美とは?
2015年に当院の外壁を、塗り替えました。
さらに塗料は、フッ素コーティングを伴ったものです。
数年前の、台風、雪害などにより障害がありましたが、
おかげさまで改善できました。

歯には、スマイルライン、黄金比などいろいろと考えがあります。
原因をきちんと追究し善処したいものです。
個々のオリジナルを壊さないように、また、押し売り的なことを
しないようにしたいものです。


  • はてなブックマークに追加

・・・しのぶ・・・

 

寿命は、誰が決めるのでしょうか?
祖母が、数年前に、北海道内にて最高齢者になり表彰されたことが
ありました。
表彰されてすぐに、他界し112歳で天寿をまっとうしました。
思うに、祖母から学んだことは、『まっとうに生きること。』
アンチエイジング、抗高齢化などいろいろな言葉があり振り回されている
感が強い医療界のように思うこの頃
ですが。
身内に、本当のレアなケースを持つ家族しか、
わからないことかもしれませんね。
高齢化時代に対して祖母は何を
言ってくれるのでしょうか・・・
若い時から、総義歯だった祖母は、82歳で32本の歯がある自分の息子
(わたしの親父のこと)を見て、
何と言ったのか興味がありますが、
今では、知るすべもなしです。
合掌

  • はてなブックマークに追加